読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「はなとゆめ」を読みました。

冲方丁さんの書かれた「はなとゆめ」を読みました。

天地明察」が有名な方ですね。ちなみに天地明察は読んでいない。

岐阜出身なんですね、初めて知りました。 岐阜の賜物。

 

一人称で綴られる清少納言の生涯。

タイトルにもあるんですけど、華やかさと、その儚さが伝わってくる作品で、なんだか読みながらちょっとうるっとしてしまいました。人の夢と書いて儚い。

清少納言の定子様を思う気持ちとか、お互いに心の理解者でありながら、政治的に袂を分かつことになる行成と清少納言の話とか……。

 

好きな和歌の話をしてもいいですか? しますね。

藤原実方かくとだに えやは伊吹の さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」(せめて、こんなに私がお慕いしていることだけでもあなたに言いたいのですが、言えません。伊吹山のさしも草ではないけれど、あなたはそれほどまでとはご存知ないでしょうね、私の燃えるようなこの想いを。)

 

こんな歌詠まれたいですね~~~~~~~~~~

うた恋いだと実方が清少納言の手を取りながらこの歌詠んでるんですよね~~~もう最高かよと。燃えるような思いですって!はぁすてき。 あ、先週彼氏と別れたよ☆彡

 

あとね~~~
行成と清少納言のやり取りもめっちゃ好き。

清少納言「夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」(鶏の鳴きまねをしたって、私とあなたの恋の関所は開けてあげませんよ)

行成「逢坂は 人越えやすき 関なれば 鶏鳴かぬにも あけて待つとか」(恋の関所? あなたは誰にでも開くからチョロいってみんな言ってますよ)

 

お前最低か!

 

 

ものすごくボキャブラリーが貧相で申し訳ないんですけれど、平安時代の感性というか、漢文とか和歌の知識を持ったもの同士が、分かる人には分かる。って面白さの駆け引きをしてるのがとても好きです。

あと十二単は可愛いし、このころの恋愛の仕方も好きですね。平安時代の貴族の娘に生まれてみたかった~。

 

枕草子を書き始めたのは、定子様に紙をもらったのがきっかけだったんだな~と初知り。

 

香炉峰の雪は簾をかかげて見る」高校の頃の漢文が、本当にどんな経緯で行われたやりとりなのかわかってなんだかしみじみしてしまいましたね。

ていうかマジで暑いですね最近。

 

とりあえず今日はここまで。

うちの後輩 8/18~11/22

 

続きを読む

うちの後輩 6/27~8/18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの後輩 5/22~6/21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの後輩 2014 12/14~2015 5/15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリープハイプ 「ラブホテル」

【ラブホテル】
《夏のせい 夏のせい 夏のせいにすればいいからさ
冷たい位がちょうどいい
 
私は君とは違うからね 『もしもし、あっ今大丈夫?』
とかの一般常識が命取りになるの
 
私は君とは違うからね 『最後まで読んでくれてありがとう。』
とか文末に書く煩わしさが大事なの
 
会ったら飲んでデキそうな軽い女に見られて
吹いたら飛んで行きそうな軽い男に言われた
 
何にもしないから少し休もうか
 
夏のせい 夏のせい 夏のせいにしたらいい
それでも駄目なら君のせいにしてもいい
これから季節が冬になってしまったら 誰が温めてくれるんだよ》
 
はい。
この「私」がどんな人物なのかなーって考えてたんですが、
最初の一般常識と手紙の文末の気遣いの話から、すごい「私は常識ありますよ、気品ありますよ、気位が高いんですよ」ってオーラが伝わってくる。嫌な女だな。自分のこと賢いって思ってる感じが鼻に付く。
っていうのを2センテンスで伝えられるのがすごいよねー。

そんな人が、吹いたら飛んでくくらい軽い男のセフレになってるっていうのが皮肉なんだろう。
PVの中だとバンドのメンバー全員といたしてるしね。

というか分かんないんだけど、
これから季節が冬になってしまったら 誰が温めてくれるんだよ》
ここも女性目線なの? ここだけ男性目線なの?
女性目線の歌だと思ってたけど、それなら語尾は『誰が温めてくれるの』くらいが良くない?と思いつつ。

他の人がどんな風にこの歌読み取るのか気になるので是非意見感想ください。

制服デート

制服デート。
実は一回もしたことがない。(実はというほどの話でもない)したい。したかった。切実に。


デートという単語が出てきたついでに思い出した、私の人生初デートについて、どこかに書いておかなければ気が済まない、と改めて思った。

人生で初めて彼氏ができた中学2年生。同じ塾に通っていた他中の某M君である。
成績優秀、眉目秀麗、運動神経抜群。
書いてると嘘みたいだが、本当にそうだった。彼は東海大会にも出るし、京大にも進学する。

私は少女漫画でしか読んだことのなかった"彼氏"なる存在を得たのである。


初めてのデート。
田舎のデートはイオンがお決まりコースである。 あてもなくゲーセンや店をさまよい、なんとなく解散する、楽しいんだか楽しくないんだか分からないのが田舎の中高生のデートであるわけで、例に漏れず私達もそうする予定だった。


待ち合わせ場所に来たM君は
白Tシャツ
・半ズボン
・くるぶしまである白靴下
・学校指定の運動靴
・ウエストポーチ(なぜか2個)
で、眩しい笑顔で現れた。


目眩がした。悪い意味で。


彼にとっても初めての彼女、初めてのデート。 もちろん場を盛り上げるために話をしてくれる。 しかし、私の興味は彼の家族の話や部活の話ではなく、「なぜそのファッションなのか」その一点に尽きた。


ちなみに、次の月曜日にこの件を友達に話したら大爆笑をいただき、しばらく私のあだ名が「Wポーチ」になったのはまた別の話である。

そんなわけで、もし今このブログを見ている中学2年生の男子がいたら、私は切に言いたいのである。
デートに半袖半ズボン白靴下運動靴Wポーチはやめろと。