読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリープハイプ 「ラブホテル」

【ラブホテル】
《夏のせい 夏のせい 夏のせいにすればいいからさ
冷たい位がちょうどいい
 
私は君とは違うからね 『もしもし、あっ今大丈夫?』
とかの一般常識が命取りになるの
 
私は君とは違うからね 『最後まで読んでくれてありがとう。』
とか文末に書く煩わしさが大事なの
 
会ったら飲んでデキそうな軽い女に見られて
吹いたら飛んで行きそうな軽い男に言われた
 
何にもしないから少し休もうか
 
夏のせい 夏のせい 夏のせいにしたらいい
それでも駄目なら君のせいにしてもいい
これから季節が冬になってしまったら 誰が温めてくれるんだよ》
 
はい。
この「私」がどんな人物なのかなーって考えてたんですが、
最初の一般常識と手紙の文末の気遣いの話から、すごい「私は常識ありますよ、気品ありますよ、気位が高いんですよ」ってオーラが伝わってくる。嫌な女だな。自分のこと賢いって思ってる感じが鼻に付く。
っていうのを2センテンスで伝えられるのがすごいよねー。

そんな人が、吹いたら飛んでくくらい軽い男のセフレになってるっていうのが皮肉なんだろう。
PVの中だとバンドのメンバー全員といたしてるしね。

というか分かんないんだけど、
これから季節が冬になってしまったら 誰が温めてくれるんだよ》
ここも女性目線なの? ここだけ男性目線なの?
女性目線の歌だと思ってたけど、それなら語尾は『誰が温めてくれるの』くらいが良くない?と思いつつ。

他の人がどんな風にこの歌読み取るのか気になるので是非意見感想ください。